【BTC】Tetherの影響力について (2018/5/26)

bitflyer-btcjpy-5月26日-2018-18-57-19

画像はbitflyer BTC/JPY4時間足。現在は82万円台で推移しています。

さて、本日はTetherの影響力について軽く見ていきます。

まずcoinmarketcapでビットコインの出来高ランキングを見てみましょう。

スクリーンショット 2018-05-26 18.00.02.png

上位は全てTether建てのペアです。Bitfinexは実質Tetherの発行元であるため、これも同一とカウントすると、なんとTether以外でシェア1位のペアはbitflyerのBTC/JPYとなります。(ALT/BTCを除く)

Tetherはomni上のトークンとして流通しているため、omniのエクスプローラを見ればいつどれだけ発行されたのかが分かります。

https://omniexplorer.info/address/3MbYQMMmSkC3AgWkj9FMo5LsPTW1zBTwXL

直近では5/19に2.5億ドル分のUSDTが新規に発行されています。現在の発行量の合計は27億ドルです。

金融庁から公開されたデータでは29年度の資金流入が約1兆円であることを考慮すると、BTCの価格を下支えしているのはドルではなく円である可能性が高いのではないかと思われます。

BTC/USDTペアの出来高上位は全て草コイン取引所であり、草コインの売買目的でTetherが利用されるため、取引高が多くなっているものと考えられます。

 

もし万が一、Tetherが破綻した場合の仮想通貨全体への影響は甚大でしょう。BTCへの影響以上に草コイン市場へ与える影響のほうが数段大きいものになるはずです。

この記事を書いた人: 田中😇

インディペンデントビットコイナー。 https://twitter.com/tanaka_bot_1

関連記事