【BTC】マイニングの収益性が過去最低を更新、ビットコインは歴史的な割安水準にある (2018/5/21)

bitflyer-btcjpy-5月21日-2018-19-53-49

画像はbitflyer BTC/JPY日足。現在は94万円台で売買されています。

さて、本日はビットコインのファンダメンタル要因で一番重要なマイニングに関するデータを取りあげます。以下の画像は1THash/sのハッシュパワーを投下し続けた際にデイリーで上げることのできる収益額をグラフにしたものです。

5月17日に過去最低値である0.413を記録しています。これは価格が下がっているにも関わらず、ハッシュレートは上がり続けていることが要因です。

スクリーンショット 2018-05-21 18.51.58.png
Mining Profitability
スクリーンショット 2018-05-21 18.58.17.png
HashRate

先日のモナコインにおけるセルフィッシュマイニング攻撃で分かったように、パブリックチェーンに投下されるハッシュパワーは非常に重要な要素です。これが小さいと攻撃を受ける可能性が高まります。モナコインの場合、価格が高い割にハッシュパワーが小さいため攻撃対象となりました。

ビットコインが今置かれている状況はその真逆、ハッシュパワーの割に価格が安いという状況です。これの意味するところは、「高いセキュリティを持つ公共財/送金ツールとしては過小評価されている」ということです。

 

この記事を書いた人: 田中😇

インディペンデントビットコイナー。 https://twitter.com/tanaka_bot_1

関連記事