【総合】匿名通貨の今後の値動きに注目 (2018/5/18)

先日、米国のライセンスを持つ取引所Geminiから、匿名送金通貨であるZCashを取り扱うという発表がありました。

Geminiに上場している通貨はBTCとETHのみであり、ここにZCash(ZEC)が上場することは大きな意味を持ちます。

一方、コインチェックからは匿名通貨の上場を廃止するアナウンスがなされました。

これはおそらく金融庁が匿名通貨に難色を示した影響が大きいからだと予想されます。

米国では匿名通貨(プライバシーが保護される通貨)に寛容、日本では規制となり、スタンスが全く異なる形になりました。

日本の取引所で規制したところで、海外にあるKYCの緩い取引所で売買が行われるだけであるので、金融庁の判断は悪手だと言わざるを得ません。


これらを踏まえての今後の戦略ですが、コインチェックのアナウンスにある

廃止日に保有している対象通貨は、市場価格で売却し、日本円に転換されます

という記述が若干気になります。まだZECを引き出していないコインチェックユーザの数そしてその保有量は未知数であるので、売り圧力がいくらになるのかは見当がつきません。

上場廃止日である2018年6月18日が過ぎ、しばらく経っても目立った売りが出ないようであれば、強気に買い進めていこうと思っています。

この記事を書いた人: 田中😇

インディペンデントビットコイナー。 https://twitter.com/tanaka_bot_1

関連記事