【BTC】積み上がったロングポジションが重石に (2018/4/30)

bitflyer-btcjpy-4月30日-2018-21-59-12.png
画像はbitFlyer BTC/JPY 12時間足。

およそ一週間ほど細かいレンジ相場が続いています。その一方で、bitFlyer BTC-FXのSFDは現物との乖離率5%超えが常態化し、かなりロングポジションが旺盛な状態になっていることが分かります。
現行のSFDの仕様ではロングでポジションメイクすると0.25%分の徴収があり不利になるため、かなり先高感が高く前のめりでなければロングポジションを構築する動機はありません。実際にかなり出来高は減少しており、価格乖離が5%を超える前と比較しておよそ半分以下の水準となっています。。

また価格乖離が縮まらないということは、同時にロングポジションが積み上がっていることを意味します。これらが解消される時の動きには警戒する必要がありそうです。

この記事を書いた人: ヨーロピアン

技術が好きな暗号通貨トレーダー。様々なメディアに暗号通貨の記事を寄稿しています。 https://twitter.com/sen_axis

関連記事