【BTC】重要ポイントでの攻防に突入 (2018/04/24)

bitflyer-btcjpy-4月24日-2018-18-26-5.png
画像はbitFlyer BTC/JPY 日足。

BTCは続伸し、重要なSMAが集合しているゾーンに突入しました。また一目均衡表の雲の上辺も存在しているため、かなり売買が交錯しやすい位置になっています。トレンド転換するかどうかの分水嶺ではないでしょうか。

過去の値動きを参考にすると、2月18〜21日もレジスタンスを抜けたと見せて反落、また3月2〜6日も同様の動きを見せています。攻防は3〜4日程度にわたり、また抜けたと判断するような位置に動いても結果的に反落するシナリオとなりました。
今回の攻防はどうなるでしょうか。BTC/USDではレジスタンスの位置が異なり、またUSD/JPYも激しい値動きとなっているため、荒れたマーケットになることが予想されます。

筆者は何度か推奨したストラテジー95万円程度で重めに持ったショートを98万円超えで損切りし、100万円付近まで小幅にロングで取った後、再び100万円超えからショートポジションを構築しています。ですが、マーケットのセンチメントは短期的にかなり買い旺盛と判断しており、ロットは最初より小さく、随時追加できる余地を残しています。

この記事を書いた人: ヨーロピアン

技術が好きな暗号通貨トレーダー。様々なメディアに暗号通貨の記事を寄稿しています。 https://twitter.com/sen_axis

関連記事