【総合】金利動向に注目 (2018/4/12)

スクリーンショット 2018-04-12 12.00.48.png

直近でPoloniex、BitfinexのBTC貸出金利が高騰しています。

これらの市場でのレンディングはユーザー同士のマッチングですから、貸出金利は需給に沿って素直に動くことで知られています。つまり貸出金利に注目することである程度市場参加者のポジション動向を予想することが出来ます。
今回のような金利高騰局面ではBTCを借りてショートする、あるいはALT/BTCをロングする=アルトコインを購入する動きがあること意味します。

poloniex-ethbtc-4月12日-2018-13-22-35.png

直近ではETH/BTCが明確に上昇しており、また板を観察していても大きな買いオーダーが断続的に入っていることが確認できます。
これらのことから、主にETH/BTCのマージンロングが増加しているという仮説を立てることができるのではないでしょうか。これはアルトコインが強含むトレンドの発生を意味します。

マージンロングする参加者が増えれば金利は高騰します。そしていつかは借り手が高金利に耐えきれなくなりますから、いずれは積み上がったマージンポジションが解消されることになります。そのタイミングで相場の巻き戻しが起こることになるのではないでしょうか。
タイミングをピタリ予想することは難しいですが、金利水準は重要なヒント・予兆になります。恒常的に0.3%/day付近で推移するようなら黄色信号、0.5%/dayでは赤信号となるでしょう。

ポジションの巻き戻し局面を素直に受け取るならば、ETHほかアルトコインの下落、BTCの上昇を見込むことになります。ここしばらくは動きのない相場が続いていますが、方向感を持って大きく動き出す一つのきっかけとなるかもしれません。

この記事を書いた人: ヨーロピアン

技術が好きな暗号通貨トレーダー。様々なメディアに暗号通貨の記事を寄稿しています。 https://twitter.com/sen_axis

関連記事