【BTC】G20の警戒感が和らぐ(2018/3/19)

bitfinex-btcusd-Mar-19-2018-19-26-6画像はBitfinex BTC/USD 4時間足。

メディア規制やG20に向けて下落相場が続いていたBTCですが、『現時点では、仮想通貨は世界的な金融の安全性を脅かす存在ではない』との発言を受け大幅反発しています。

テクニカル的には、7000ドル割れは回避し、一時的な底打ちを確認したので上昇相場へ流れを変えたい雰囲気です。

前々から田中さんの記事でもBitmexの先物価格とbitFlyerFXがマイナスになると底になる可能性が高いとありましたが、まさにその通りになっています。

筆者は今回の反発で利益が出ましたが、注視していた点としてテクニカルは勿論ですが、Bitmexの先物、bitFlyerFXの乖離、TwitterのTLの情報も参考にしていました。

市場心理であったり、70万円台になると根拠のない情報が多くなり、ババ抜きが始まっていると感じた人も多いのではないでしょうか?

また、今回の下落相場はG20懸念とされていますが、様々なネガティブ材料や仕掛け、そして確定申告売りの影響もあったのではないかと考えております。

底打ち感が出てきたBTCですが、市場参加者が減っている状況ですので、引き続き油断はせずにfiat率を高めに対応することが重要だと思います。

この記事を書いた人:

関連記事