【BTC】コインチェックの出金/売却再開によるBTCへの影響 (2018/3/13)

bitflyer-btcjpy-3月13日-2018-19-26-45.png

画像はbitflyer BTC/JPY日足。現在は100万円台で推移しています。

一昨日、コインチェックの一部コイン出金および売却再開のアナウンス以降、特に材料はなく100万円前後を行ったり来たりという状況が続いています。

コインチェックでのオルトコイン売却再開のニュースはBTC価格にとってマイナスでしかないのですが(ユーザがオルト売却すると、CCは自社のオルトをBTCに、そしてJPYへと換金するため)、今のところ価格に大きな影響は出ていません。これはまだ多くの仮想通貨ホルダーが相場に対して悲観的になっていないことを意味する可能性があります。

「総悲観は買い」という格言があるように、市場参加者の大半がもう無理だと思う水準にまで下落しないと本当の大底はやってこないという場合が往々にしてあります。

参加者のセンチメントを測る次の機会は、コインチェックがオルトコインの購入機能を再開させたときとなります。どう動くかによってBTCの方向性判断は大きく変わってくるでしょう。

筆者は引き続き現物の買い戻し機会を伺っている状況です。

 

この記事を書いた人: 田中😇

インディペンデントビットコイナー。 https://twitter.com/tanaka_bot_1

関連記事