【BTC】コインチェックの安いBTCを利用してアービトラージを行う前に考えるべきポイント (2018/2/14)

bitflyer-btcjpy-2月14日-2018-18-20-31.png

画像はbitflyer BTC/JPY現物4時間足。現在は95万円台で推移しています。100万円の壁を明確に超えたタイミングでロングを仕掛けたいところです。

さて、コインチェックが日本円の出金を再開させた影響で、コインチェックでの価格は国内の主要取引所よりも3万円ほど安い92万円で売買が成立しています。拘束されていたBTCを売り、日本円を出金するユーザが多く存在することが原因であると考えられます。

これを利用したアービトラージの方法は単純です。コインチェックに日本円を入金後BTCを買い、bitflyerFX等の他の取引所で同数のBTCをショートするだけです。もしコインチェックがBTC出金を再開させれば価格差は縮まるので、それぞれのポジションをクローズさせれば利益は必ず出るでしょう。問題は本当にBTC出金が再開するかどうかです。

現時点ではコインチェックのBTCレートは約3%ほど安い水準にあります。つまり、コインチェックが約97%以上の確率でBTC出金を再開させる可能性があるとすれば割に合うトレードであるといえます。

この97%以上であるかどうかの判断は人によって変わってくるため、実行するかどうかは大きく別れると思います。考慮すべきポイントを挙げると、

  • 日本円によるNEMの補填を行う能力が本当にあるのか
  • 金融庁の登録業者になれるのか
  • 今後頻発するであろう訴訟に耐えきれるのか

など、懸念点は多く存在します。もちろん、上記の懸念よりも前にBTC出金が再開される可能性も十分にあります。

あまりにも不確実性が高いため、ハイリスクの割にローリターンなトレードであるのではないでしょうか。

この記事を書いた人: 田中😇

インディペンデントビットコイナー。 https://twitter.com/tanaka_bot_1

関連記事