【BTC】コインチェック事件を受けて、株式市場にも動きが (2018/1/29)

■ 様子見

スクリーンショット 2018-01-29 21.20.20.png

画像はbitflyer BTC/JPY日足。現在は121万円台と引き続きレンジ相場となっています。

ビットコインネットワークに関して、メモリプールはスカスカとなり現在は10sat/byte以下の手数料でも次のブロックに入る水準となっています。Segwitトランザクションの割合が過去最高値を記録している影響もあると思うのですが、そもそもトランザクションの数自体が減っているとも思われます。不穏な空気が漂っていると感じるのは私だけでしょうか。

http://segwit.party/charts/

一旦、すべてのロングポジションは手仕舞う方向で1月の終わりを迎えるつもりです。

 

さて、コインチェック事件は自己資金で補填するという結末で一旦の解決に向かいつつありますが、この事件の影響は思わぬ場所にも現れています。
ビットコイン取引所は莫大な利益を上げることができるビジネスであることが公に知れ渡ることとなったため、現在株式市場に上場しているビットコイン取引所関連銘柄に買いが入っているのです。

スクリーンショット 2018-01-29 21.32.49.png

スクリーンショット 2018-01-29 21.34.20.png

スクリーンショット 2018-01-29 21.36.27.png

具体的な数字はまだ分かりませんが、既存の大手証券会社が上げる利益のはるか上を行く営業利益をコインチェックが叩き出していることはおそらく間違いありません。競合各社ともに手数料を引き下げ、先駆者であるコインチェックから如何にパイを奪うかの勝負になっていくでしょう。企業間の競争は、我々利用者にとって歓迎すべきことです。

この記事を書いた人: 田中😇

インディペンデントビットコイナー。 https://twitter.com/tanaka_bot_1

関連記事