【総合】コインチェック不正送金事件解決、今後考えられるシナリオ (2018/1/28)

外部からの不正送金によって盗まれた5億2300万XEMについて、コインチェックは利用者に対して日本円で返金を行うと発表しました。世界最大のハッキング事件は、一日程度の時間で思わぬ形で解決に向かおうとしています。本日の記事では今後どのような事が起こるのか、考えられるシナリオをリストしていこうと思います。

コインチェック顧客が他社に流出、他取引所での取扱銘柄が高騰

迅速な解決策の提示に対してポジティブな意見も見られますが、ハッキングに遭っている事実は確かです。コインチェックの利用をやめる顧客が少なからず出てくることは容易に想像できます。行政からの処分があるという報道もあり、追い打ちをかけることになるでしょう。

コインチェックから資金を引き上げたユーザが次に何をするか、

  1. 仮想通貨の売買自体をやめる
  2. 他取引所に移る

1の場合も考えられますが、資金はすべて返ってくる可能性が高いためそこまで割合は大きくないと思われます。2の場合、他社で取り扱われているその取引所特有のコインの買い需要が高まる可能性があります。

コインチェックでの資金拘束が長期化、その間にビットコイン価格の高騰

ハッキングに遭っているわけですから、入出金機能を再開させる前にシステムの見直しを慎重に行わなければなりません。行政処分が行われればさらに長期化してしまいます。この間、ビットコインの売り圧力はそれだけ減少することになります。(もちろん、コインチェック内にある日本円も同時に拘束されるので買い圧力も減りますが、取引所にある日本円と取引所外の日本円、つまり仮想通貨ユーザが銀行に保有しているお金の額を比べた場合、前者の割合の小ささは言わずもがなでしょう。)

過去のGOX事件の例では、GOX直後は値を下げ、後から振り返ってみればそれが底だったというパターンが何度もあります。Bitfinex事件がその最たる例です。

ネム価格の高騰

コインチェックにネムを預けていた顧客には88.549円で日本円で返金されることが決定しています。しかし、返金がいつ行われるのかまだ明示されていません。

5.23億ネムを盗んだ犯人も市場ですぐに売却するのは難しく、現状では単純に5.23億ネムだけ売り圧力が減った状況にあります。

返金を待つユーザをあざ笑うかのようにネム価格が高騰するシナリオは十分にあるでしょう。

この記事を書いた人: 田中😇

インディペンデントビットコイナー。 https://twitter.com/tanaka_bot_1

関連記事