【BTC】一時100万円割れ、依然強気相場は継続

■買い

画像はbitFlyer BTC/JPYの4時間足ですが、ご覧の通り131万円超えから一時98万円台までの急騰急落劇となりました。材料などは特になく、単に相場が加熱し上がりすぎたために調整しただけでしょう。最高値から約25%の下落であるため、高めにレバレッジを掛けていたトレーダーは例外なく刈り取られてしまったものと思われます。

ファンダメンタル材料としては年内に米CMEにビットコインの先物が上場することがほぼ確定しているため、それを手がかりに動くことが予想されます。筆者のポジションとしては上場予定日の12/10頃までは引き続き買い継続です。

この記事を書いた人: 田中😇

インディペンデントビットコイナー。 https://twitter.com/tanaka_bot_1

関連記事