【ALT】米格付け会社の発表はアルトコインの価格に影響を与えるか (2018/1/24)

スクリーンショット 2018-01-24 5.55.40.png

本日、日本時間の午前9時に米格付け会社Weiss Ratingsによる暗号通貨の格付け発表が行われる予定です。

 finance.weissratings.com 
Weiss Announces First Bitcoin and Cryptocurrency Grades by U.S. Rating Agency
http://finance.weissratings.com/crypto/

対象となる暗号通貨は、”Bitcoin, Ethereum, Ripple, Bitcoin Cash, Cardano, NEM, Litecoin, Stellar, EOS, IOTA, Dash, NEO, TRON, Monero, Bitcoin Gold and many others”ということで、時価総額上位のコインが対象となっています。

伝統的な格付機関が暗号通貨に対してレーティングを行うのはおそらく初めてであり、今回の発表で相場にどの程度の影響を与えるのかは不明です。

個人的な予想ですが、ビットコインに対しては保守的な格付けが行われると思います。ビットコインに対するレーティングによってビットコインの価格が動くことはないでしょう。

問題はアルトコインについてです。

ポジティブな評価がなされ新規マネーが流入し価格が上昇する場合と、ネガティブな評価をされ失望売りが起こり価格が下がる場合を考えた際、利益額の期待値としては後者に賭けたほうが割に合うのは間違いないでしょう。

リストに含まれているコインでショートできる銘柄は、BTC,   ETH, XRP, BCH, ADA, LTC, XLM, DASH, XMR となります。Poloniex, Bitmex等で信用取引、先物取引を利用してショート可能です。

 

この記事を書いた人: 田中😇

インディペンデントビットコイナー。 https://twitter.com/tanaka_bot_1

関連記事