【総合】暗号通貨全体の時価総額が激減 (2018/01/16)

 

スクリーンショット 2018-01-16 22.47.34.png

本日1/16は暗号通貨市場では珍しい部類の大きな下落日となりました。
低位コインは極端ですが、上位のアルトコインからビットコインに至るまで全面安と言った様体。

スクリーンショット 2018-01-16 22.48.28.png

時価総額におけるドミナンスを見れば一目瞭然ではありますが、伸び続けていた「Others」(低位コイン)の割合が下がり、BTCの割合が増えています。
市場不安が高まるときほど信用の高いコインに人気が集まる傾向がありますが、まさにその典型的現象と言えるでしょう。

スクリーンショット 2018-01-16 22.51.14.png

そのBTCも「一番マシ」ではあるものの、やはり対円では下落しています。

今回の下落の大きな要因として、1点目は先日から続く韓国市場の規制報道が混乱していること。
そして2点目、中国本土で仮想通貨の利用を含む全面的な制限が報道されたことでした。

個人間取引やウォレットの利用にまで追求したもので、徹底していると言えます。またマイニング事業者への締め付けも同時に報道されています。

しかしながら、その後に中華系企業のアリババやテンセントがマイニング事業への参入を計画しているとの報道も。

これらの報道には整合性が見られず、いずれかの情報になんらかの誤解や混乱が発生していると思われます。

また、実は今回の下落は不自然なほどに出来高を伴っておらず、筆者は年始の薄商いを狙った投機的な売り仕掛けである可能性があると考えています。
韓国や中国のニュースに対する不信感が市場を支配しており、タイミング的に仕掛けやすかったことは否めません。

そのためしばらくは下値を見極めながらBTCを拾っていく方針です。

この記事を書いた人: ヨーロピアン

技術が好きな暗号通貨トレーダー。様々なメディアに暗号通貨の記事を寄稿しています。 https://twitter.com/sen_axis

関連記事