【BTC】オルトコインのターンはそろそろ終了か?(2017/12/21)

■ 買い

スクリーンショット 2017-12-21 16.08.18.png

画像はbitFlyer BTC/JPY現物の日足。

ここ数日、ビットコインの価格は調整モードに入っており、現在は202万円前後で推移しています。ビットコインの一旦の天井に安堵を覚えたのでしょうか、裏ではオルトコインの大暴騰劇が起こっていました。主要なオルトコインはもちろん、名前も聞いたことのないようなものから開発が行われていないコインまで、ほぼ全てと言っていいほど多くのオルトコインが対BTCで上昇しています。

2017-12-21 16.09.32

上記の画像はBittrexのトップページで、上昇率や売買代金の大きな銘柄がリストされています。ビットコインキャッシュ以外の3つは以下の通りです。

  • XVG 0.00000884 (0.00000040から上昇)
  • BITB 0.00000107 (0.00000040から上昇)
  • RDD 0.00000071 (0.00000017から上昇)

お分かりの通り、1枚あたりの単価の安いコインが軒並み出来高を伴って上昇しているのです。これは発行枚数が多いためです。

暗号通貨の世界に新しく入ってきたユーザは単価の安い銘柄を好んで購入する傾向にあり、これを見込んだ買いが入ったものと思われます。5月のオルトコイン暴騰時も同様の現象が見られ、時間を掛けて元の価格に収束していきました。

オルトコイン祭りは一旦終わりを迎えつつある一方、ビットコインは来年のETF認可を材料として新たな局面に入る構えを見せています。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2489858021122017EAF000/

筆者は期先の先物ロングポジションを現在も保有中です。

この記事を書いた人: 田中😇

インディペンデントビットコイナー。 https://twitter.com/tanaka_bot_1

関連記事