【2018/10/28】気になるゴールドの反転とBTC

スクリーンショット 2018-10-28 22.12.57.png

画像はSPDR: ゴールドのETFです。
https://www.bloomberg.co.jp/quote/GLD:US

BTCはその性質から「デジタルゴールド」と言われ、ゴールドといくつかの共通点があることから似た性質を持つアセットだと考えられてきました。
主たる共通点は、「耐改ざん(偽造)性」「誰でも本物であることが検証可能」「物理(化学)的に、もしくはハッシュパワーから価値の保存能力が高い」「希少である」といった点です。

これらの性質を持つ一方で、普段はインカムゲインを産まないことから投資家たちのポートフォリオを占める割合は大きくなく、リスク回避アセットとして注目されています。
全世界同時株安となっている10月の現在、ゴールドのETFは反転して上昇していることが伺えますね。

ではその一方でBTCはどうでしょうか?

スクリーンショット 2018-10-28 22.19.28.png

ご覧の通り、上昇することはなくほぼ横ばいで推移しています。相関係数を取るまでもなく、全く異なった動きをしていることが分かりますね。

似た性質を持つから似た動きをするとは限りませんし、マーケットがBTCの価値の本質をゴールドと同様であると捉えていないことの証左でもあります。
僕自身、異なる理由からBTCはいずれ反騰する可能性が高いと捉えていますが、それは決してゴールドが現在買われている理由と同一ではありません。こういったアセットの動きの比較からマーケットを俯瞰して捉えることができるという一例でした。

この記事を書いた人: ヨーロピアン

技術が好きな暗号通貨トレーダー。様々なメディアに暗号通貨の記事を寄稿しています。 https://twitter.com/sen_axis

関連記事