【ETH】BitmexのETH無期限契約について (2018/9/16)

BitmexのBTC無期限契約については皆さんも御存知だとは思います。最近、これのETH版が登場したので、軽く解説をしておきます。

https://www.bitmex.com/app/trade/ETHUSD

ETH無期限契約での1契約(contract)はBTC建ての値です。(この点がUSDの無期限契約と違う部分であり、分かりにくい要因となっています)

ETHUSD is a ETH/USD perpetual contract priced on the .BETH Index. Each contract is worth 0.001 mXBT per $1 price, currently 0.00021815 XBT.

例えば、現在のETHのインデックス価格が$218.15だった場合、1契約は$1あたり0.000001BTCなので、1契約 = 0.00021815BTC となります。

スクリーンショット 2018-09-16 18.43.16.png

図のように$216で10000契約をショートする場合、ポジションの金額は2.16BTCです。実質レバ2倍で行う場合、証拠金は1.08BTCは必要であるということです。

図のように$216で入り$200でクローズする場合、エントリー時のポジション金額は2.16BTCで、クローズ時は2.00BTCとなるため、差額の0.16BTCが利益となります。


さて、このETH無期限契約を用いてアービトラージを行う方法ですが、結論から言うと非常に難しいです。Bitfinex等のレンディング市場でETHの貸出を行い、ETH無期限契約をショートしてもアービトラージにはなりません。

なぜなら、ETH無期限契約はETHのUSD建て価格で損益が決定し、BTC建てで利益が確定します。ETHのUSD建ての価格とBTC建ての価格の2つのパラメータが、Bitmexのショートポジションの損益とBitfinexでのレンディングETHの損益を決定するからです。

アービトラージを行うなら、ETHの先物契約を使うしかありません。

https://www.bitmex.com/app/trade/ETHU18


では、ETH無期限契約の使いみちは何でしょうか。現在、この無期限契約の出来高は直近24時間で10万BTCほどあります。ETH先物の100倍近い値です。流動性は魅力的です。

BTC価格が低調に推移し、オルトコインも低迷している際はこの無期限契約は非常に有用となる可能性があります。BTC/USD価格が下がり、ETH/BTC価格も下落すれば、ETH/USD価格は2つのペアの下落幅を乗算した価格で下落するためです。

この記事を書いた人: 田中😇

インディペンデントビットコイナー。 https://twitter.com/tanaka_bot_1

関連記事